読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

2. Self and others(9)

UnderstandPsychology

Personal Relationships
Carl Rogers, the famous psychoilogist who is known as the father of counselling psychology, argued that our level of self-esteem depends on the type of personal-relationships that we have had.  People, Rogers argued, have two basic psychological needs, and will suffer psychilogical damage if those needs are not met.  One of those needsis the need for positive regard from other people- affeection, love, trust and so on.  Even people who avoid close relationshios find it important that other people should respect them.  To have some kind of positive regard from other people is a very fundamental need, which has to be satisfied. 
カウンセリング心理学の父として知られる有名な心理学者カール・ロジャースは、自尊感情のレベルが、我々がもっている個人的関係性のタイプに依存していると主張した。
ロジャースは言う、人は二種類の心理学的必要性をもつ、もしそれらの必要性に出会わなければ、心理的な苦痛を味わうだろう。
一つは、他者からの積極的な承認ー好意、愛情、信頼、その他。 狭い人間関係において、人は、他者から尊敬されたいものである。 他者からの承認を得ることは、とても根本的な必要性であって、人を充足させるものである。
 
Insight
Unconditional positive regard doesn't only have to happen in childhood.  A warm and accepting relationship in adulthood can let people recover from an awful lot of childhood trauma. 
不完全な承認は子供時代に限ったわけではない。 成人期の暖かく、受容的な関係は、子ども時代の恐ろしいトラウマから復活させてくれる。

陸自日報隠し  隠蔽体質の徹底究明を

京都新聞社説縮約

京都新聞 社説 - 陸自日報隠し

元記事:968字 縮約:322字
 南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に従事する陸上自衛隊派遣部隊の日報が、廃棄したとしていた陸自内に保管されていたことが発覚した。公開請求時からうそを重ねてきた可能性も排除できない。
 稲田朋美防衛相は「現場の問題」を強調したが、自身の責任は免れない。しかも重要な情報が省内から上がっていたか疑わしい。
 保管を定めていないこと自体が疑問だ。政府の姿勢が実態隠しを助長してきたのではないか。
 政府は5月末をめどに南スーダン派遣部隊の撤収方針を発表した。現地では派遣隊員が一時拘束される事件も起きた。まだ2カ月余り派遣を続けるべき情勢なのか、納得のいく説明が求められる。
 速やかに問題点を洗い出して国会で議論すべきだ。稲田氏に任せられるだろうか。

「共謀罪」法案  内心の自由危うくする

京都新聞社説縮約

京都新聞 社説 - 「共謀罪」法案

元記事:958字 縮約:319字
 「共謀罪」を柱にした組織犯罪処罰法改正案が閣議決定された。
 「組織的犯罪集団」の2人以上が重大な犯罪を計画し、少なくとも1人が「準備行為」をしたとき全員が処罰される、としている。
 別目的の組織でも、犯罪目的に一変したとみなされれば対象となる。市民団体などにも適用されかねない。「準備行為」にしても幅がある。
 共謀罪法案は3回国会で廃案になっている。東京五輪のテロ対策と看板を変え、受け入れられやすいようにとの思惑が透ける。
 国際組織犯罪防止条約に締結するため、共謀罪の新設が必要というが、日弁連は、新たな共謀罪なしでも条約締結できると指摘する。
 実際には広く共謀処罰が可能だという。なぜ、それ以上に新たな共謀罪が必要なのか。怖さを感じる。