読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Indroducing psychology(1)

UnderstandPsychology

Introducing psychology 心理学の紹介

 

In this chapter you will learn:

* how ‘psychology’ can be defined

* the importance of levels of explanation

* about some major areas of psychology.

 

この章の課題

* 「心理学」はどのように定義できるか

* 経験の段階

* 心理学のいくつかの範囲について

 

What is psychology? Different psychologists would answer the question in different ways. But the most straightforward answer is probably that psychology is about understanding people: how they think, what they say, and why they say, and why they do what they do. It’s about finding our what motivates people, what is important to us, and what we are all so individual. Not every psychologist would say that, because psychologists work in lots of different fields, and for some their main interest is in understanding animals, or brain cells, or something similar. But in essence psychology and psychologists are all about understanding people.

 

心理学とはなんだろうか? 多くの科学者がそれぞれの方法でこの問に答えようとしてきた。しかし最も単純な答えはおそらく、心理学は人を理解することだ、ということであろう。いかに考え、何を語り、なぜそう言うのか、なぜそれをするのか、また何をするのか。人を動機づけるのは何か、何が我々に重要なのか、われわれはこのように個別なことの理由は何か、このようなことを調べることである。どんな心理学者も答えてこなかった、なぜなら心理学者はさまざまな現場で仕事をしているから。動物を理解することに関心を持つ者、あるいは脳細胞に、あるいはその他の刺激に。しかし心理学の本質と心理学者は、人を理解することである。