読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Indroducing psychology(2)

UnderstandPsychology

Understanding the mind

The problem with trying to understand people, though, is that people are complex, and change all the time. We learn from our experiences, we form good intentions, and we are affected by circumstances. So what we do be influenced by a great many different factors. Also, everyone has their own ideas and opinions about what people are really like. Those ideas influence what we do far more than we realize, and they also determine how we interpret what other people are doing. Since each of us has had a different life, with different experiences, these ideas can be very different from one person to the next.

人を理解する試みに伴う問題は、人が複雑で常に変化していることである。我々は経験から学び、良き意図を形作る、そして状況から影響を受ける。すなわち、我々は様々な異なった要素によって影響を受けたうえでことを行う。また、誰もが自身の理念と、人が本当に好きなことに対する考えを持つ。これらの理念は、我々が思っているより遥かに我々の行動に影響を与える。また、それらの理念は他人の行動をどう解釈するかいついての決定も行う。一人ひとりが異なった人生、異なった経験を持っていることから、これらの理念は一人ひとり違うであろう。

 

Insight

There’s never just one reason why somebody does something. People do things for lots of reasons, and some of them are completely unconscious. So looking for a single reason for someone’s actions is always a misjudgement of some sort – and sometimes it can be quite a serious one.

人がなぜそれことを成すのかについてのただひとつの理由などはない。引いとは様々な理由でことを行い、ほぼ完全に無意識のうちにである。であるから、人の行動についての理由を探すことは、常になんらかの誤解を生む、そしてそれはしましば深刻なものである。