読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Introducing psychology(3)

UnderstandPsychology

The first part of the word ‘psychology’ comes from the Greek word psyche, which means ‘the soul’, or ‘essence of life’ and is sometimes portrayed as female figure representing the mind. The second part of the word also comes from the Greek language, logos. And indicates knowledge or science. So combining the two gives us the idea of psychology as being the science of the mind and this is what modern psychology is mainly focused on.

psychology’という単語の最初の部分はギリシャ語の’psycheから来ている。これは’魂 the soul’あるいは’生命の根元 essence of life’を意味しており、しばしば精神を表現する女性像として描かれる。ふたつ目の部分も同様にギリシア語由来の’logos’である。知識あるいは科学を示すものである。したがって、二つの組み合わせは精神の科学としての心理学という考え方を我々に与える。そしてこれは現代心理学の主要な考え方である。

 

This human mind, though, is more complex than people realize, and it is easy to over-simplify what it is really like. People often say, for example, that the brain is like a computer, which works by lots of neurones switching on and off and producing thoughts as a result. This is partly true, but it doesn’t explain how the human mind itself works, - or at least, only on a very simple level. Which neurones fire, and what thoughts they produce, is affected by our physiological state, our physical experiences, our social situations, our past experiences, and the different human cultures and groups which we encounter in our lives. A science which tries to understand the human mind has to deal with many levels of understanding, and bring together an unbelievable range of different factors.

しかしながら、人の心は人が思っているよりもずっと複雑であり、それを簡単に単純化してしまう傾向にある。例えば、よく脳はコンピューターに似ていると言われる。たくさんの神経細胞のオンオフの結果として思考を形作る。これは部分的には正しい。しかし人の心がいかに働くかについては説明しない。少なくとも、非常に単純なレベルでのみである。どの神経細胞の発火が、どういった思考を生成するかは、心理的な状態、肉体的な経験、社会的状況、過去の経験、そして人生において遭遇する様々な文化や集団などの影響を受ける。人の心を理解しょうとする科学は、多様な理解のレベルで対応が必要であり、信じられないほどのたくさんの要素を集めている。

 

What this means is that there are no easy answers to understanding people. Any one person’s mind is so complex that we could only understand it by knowing everything about their whole life – and also knowing how their previous learning had led them to interpret and make sense of the experiences that they have had. What we can understand, though, are some of the ways that the mind works, and how different factors combine together. As the science of psychology had developed over the past 150 years or so, psychologists have taken many different approach would provide all the answers. Nobody has managed that, but each approach has helped to throw light on different parts of the puzzle, and so contribute to the whole picture.

この意味するところは人を理解することに簡単な答えなどないということである。ある人の心は、我々がその人生についての知識によって理解できたことの複合であって、また事前に学んだ知識は、今までに経験してきたことにとっては意味がない。我々に理解できることは、心がいかに働くかということと、いかに様々な要素がいっしょに働くかということである。心理科学は150年かそれ以上を経過している、そして心理学者はいろいろなアプローチを提供してきた。だれもそれらをまとめることはできなかった、しかしどのアプローチもパズルの異なったパーツに光を当てる助けにはなった。そして全体像を描くことに貢献した。

 

Psychological knowledge, then, is more about processes than predictions. We know, for instance, what is happening when we dream – how the mind takes the jumble of information, memories and thoughts which constitute our experiences during the walking day, sifts through it all, making connections with what we already know, and files it away in our memories. That doesn’t mean we know what someone is going to dream about, or what dream objects stand for, because everyone is different and symbols mean different things to different people. But it does help us to make sense of real dreams that people have had, and to identify anxieties and concerns reflected in the dream’s content.

そこで、心理学的知識は、予測よりも過程に重きを置く。例えば、我々は夢を見るとき、何が起きているかを知っている ー 心が情報のごった煮を取り込んむやりかた、記憶と思考、日中の行動を構成するもの、破棄されたすべて、既有知識との関連付け、そしてそれらを記憶にしまうこと。それは我々が夢について知ろうとすること、あるいは夢の目的はなんなのか、を知ることではない。なぜなら、誰もが違っていて、人により違うシンボルを意味するからだ。しかし人が見た夢を理解し、そして夢の内容に反映された不安や懸念を特定する助けになる。