読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

「豊洲」百条委へ  議会の本気度試される

京都新聞社説縮約

京都新聞 社説 - 「豊洲」百条委へ

豊洲市場の移転問題で、都議会に調査特別委員会(百条委員会)が設置されることになった。
 百条委は地方自治法100条に基づき極めて強い権限を持つ。
 慎重姿勢だった自民、公明両党まで相乗りして設置が決まった背景には、都議選に向けた思惑が透ける。 移転問題に対し、議会自らの責任の所在も検証すべきだろう。
 議会の主要4会派は、知事だった石原慎太郎氏らの証人喚問を行うことで合意した。百条委メンバーの追及力も問われる。
 最も不安を募らせているのは市場関係者だ。地下水から有害物質が検出され、風評被害が心配されている。移転延期に伴い月に数億円ともいわれる補償も避けて通れない。
 責任の追及とは別に事態打開へ向け、移転の白紙撤回も含め決断を急がねばなるまい。