読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

日韓関係  早期の正常化に努めよ

京都新聞社説縮約

京都新聞 社説 - 日韓関係

元記事:972字 縮約:324字

 日韓外相会談がドイツで開かれた。韓国・釜山の慰安婦少女像を巡り、尹炳世(ユンビョンセ)外相は「可能な限り最大限の努力を行っていく」と従来より踏み込んで対応する姿勢を示した。
 日本政府が対抗措置として、駐韓大使を一時帰国させてから約1カ月半になる。長期化するほど政府間や国民感情の面でしこりを大きくしかねない。
 米新政権に仲介役を期待できるかは見通せず、日韓で関係修復していくほかない。
 3月上旬にも示される憲法裁判所の判断で、朴氏の罷免が決まれば大統領選で政争の具となり、いっそう妥協点が見いだしにくくなる可能性がある。
 重要なのは、日韓関係が負の連鎖に陥らぬよう、両政府の協力態勢を保つことだ。あらゆるチャンネルで、取り組みを後押ししていくことが必要だろう。