読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Introducing psychology(4)

UnderstandPsychology

Studying the Mind

Early psychologists explored how the mind works by thinking about it, and trying to analyse the thoughts they were experiencing. This is known as introspection, and this method gave us quite a few insights into memory, attention, how our emotions affect us, and other aspects of our experience. But the mind has many layers, and we are not directly aware of a lot of what it does. Some – probably most – of what it does happens unconsciously, so thinking consciously about our experiences can’t tell us everything. Psychiatries like Freud, at the beginning of the twentieth century, showed how unconscious experiences and memories can lead to disturbances in adult behaviour, and even to mental illness. But they, too, are only a small part of what goes on.

 

心の研究

 初期の心理学者は、こころの働きを、それを考えることによって探求した、そして経験した思考を分析することを試みた。これは内観法として知られるが、この方法は記憶、注意、感情がどのように影響するか、経験のたの側面などについて、かなりの洞察をもたらす。しかしこころは多くの階層があり、それが何をするかを直接意識することはない。しばしばーおそらく殆どはー無意識に行っているので、経験についての意識的な思考は何も語らない。20世紀初頭、フロイドのような精神医学者は無意識的な経験の作用と、記憶は大人の経験に乱されることについて示した。しかし、これもまた、わずかな部分にすぎない。

 

The first half of the twentieth century was strongly influenced by what is known as modernism – a rejection of traditional thinking, and an emphasis on building a new society by starting from the basics. Science, it was felt, could sort out most of the world’s problems, using knowledge it had developed from understanding how basic building blocks such as cells, genes, atoms or elements combined to produce the world we live in. The American psychologist J. B. Watson argued that psychology too had its basic building block: the learning unit – the connection between stimulus and response. Psychology, Watson argued should be objective, only with information which can be directly observed and measured – in other words, with people’s behaviour, not their minds. Watson called this behaviorism, and as the approach developed, it became a powerful force within psychology. Some behaviourists, such as B. F. Skinner, insisted that feelings or personal experiences were unimportant – even illusions – because you couldn’t study therm directly.

 

20世紀前半はモダニズムとして知られる考え方ー伝統的思考を見直し、基礎から新しい社会を構築しようと言う考え方ーの影響を強く受けていた。科学も、世界の問題の大部分を整理できた、ように思えた、細胞、遺伝子、原子もしくはこの世界を形作る化合物のような基本的構築物によって理解しようとした。アメリカの心理学者、J.B.ワトソンは、心理学にも基本的な構成要素、学習単位ー刺激と反応ーがあると主張した。ワトソンは主張する、心理学は心ではなく、観測し、測定できるもの、言い換えれば人の行動を対象とすべきである、と主張した。ワトソンは行動主義と呼称したこのアプローチは、心理学の中で強力な勢力となった。B.F.スキナーのような行動主義者は、感情や個人的な経験はあまり重要ではなくー幻のようなものーだとした、なぜなら直接観察できないのだから。

 

Overtime, other psychologists objected to this mechanistic approach, and began to explore more holistic or social aspects of human experiences. Gradually, psychologists became better at studying experience as well as behaviour. They began conducting research which allowed them to investigate in a careful, scientific way how people think, and how we make sense of our experience. Modern psychologists don’t use the same methods as those early psychologists, of course, but they are just as interested in understanding the human mind as they are in understanding people’s behaviour.

時代が進み、他の心理学者龍はこの機会的なアプローチに反対し、人の経験の社会的な側面もしくはより全体的に探求することを始めた。心理学者は徐々に行動と同じように経験についても研究するようになった。彼らは慎重に、科学的に人の思考について、また経験を我々がどう理解するかついて、調査、研究を始めた。現代心理学者は、もちろん、初期の心理学者が使ったような手段は使わない、しかし、人の行動を理解するように人の心を理解することに興味を持った。

 

A modern definition of psychology would probably refer to it as the scientific study of experience and behaviour. That means that as psychologists we are interested in what people experience as well as what they actually do. More recently, too, psychologists have begun to understand the importance of the social influences in our lives – both directly, through the groups, families and communities that we participate in, and indirectly, though our social experience together if we really want to understand human beings.

心理学の現代的定義は、おおむね経験および行動の科学的研究とされてきた。心理学者には、人が現に行っていることと同じように、人が経験してきたことに興味をもっていることを意味している。また、より最近においては、心理学者は、人間存在を理解するならば、社会的経験の中の社会的影響 ー 直接的に、参加しているグループの中、家族やコミュニテイの中で、もしくは間接的に ー の重要性を理解し始めた。

 

Psychologists, of course, aren’t the only people who are trying to understand human beings. A sociologists, for example, will try to understand human beings from the point of views of people in society, and how groups of people and social trends emerge, wheres a psychologist is interested mainly in the individual person. That doesn’t mean that we can ignore society: as we will see in the next chapter and elsewhere in this book, it simply isn’t realistic to try to understand an individual person as if their society or culture had nothing to do with what they were like. But it means that in psychology we take the individual person, rather than society as a whole, as our stating point.

もちろん、心理学者だけが人を理解しようとしているわけではない。例えば社会学者は社会の中の人間の観点から、また、集団と社会の同行の現れ方、によって人を理解しようとしている。これは我々が社会について無知であことを意味しない。次の章、そしてこの本のどこでもそれは見受けられる。社会あるいは文化が、かれらのようなものと何も関係がないように、個々の人間を理解することは現実的ではない。しかし、心理学では社会全体としてよりも、個々の人間として捉えることを出発点としている。