読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1 Japan in the World Today(2) Population

Political Economy of Japan

Population

The population of the country stands at 127 million in 2009. It has already started to decline. The United Nations estimates Japan’s population will have fallen to 60 million in 2050. Yet Japan is a crowded country, with a population density at 336 people per square kilometer. If you spread the total population evenly over the land area, you get the “average distance between people.” Table 1-1 shows the result for some countries. In Japan the maximum average distance between you and your neighbor is 50 meters, whereas it is 200 meters in the United States. The average distance is a defining factor not only for the country’s urban landscape but also for the nature of social capital, the notion of public/private demarcation, and culture.

 2009年、国の人口は1億2千7百万人を数える。すでに減少を始めている。国連の推定では2050年には6千万人に落ち込むとされている。しかしまだ、日本は人口密度が1平方キロあたりの336人の稠密な国である。総人口を陸地面積で均等分すると、「平均人間距離」が得られる。表1−1は各国の値を示している。日本における隣人との距離は50㍍、一方でアメリカでは200メートルである。平均距離は都市空間だけではなく、社会資本の性質、公私の境界の概念、文化、についても関わってくる因子である。

 

The most notable characteristic of Japan’s demography is that the population is aging quickly. Figure 1-1 illustrates this point. The proportion of people over 65 years in the total population is rising in all developed countries, not just in Japan. Aging is occurring in the population of Korea and China as well. However, the speed of increase of the elderly cohort is more remarkable in Japan than in any other country.

 日本の人口特性で最も注目すべき点は、急激な高齢化である。総人口における65歳以上の占める割合は、日本だけではなく、発達した諸国すべてで上昇している。 高齢化は韓国、中国でも同じように起こっている。しかし、高齢者の増加のスピードは、他の国に比して日本では顕著である。

 

In the background of this phenomenon lie two important factors, which are both consequences of the success of Japan’s economic development. For one, Japan has the highest life expectancy at birth in the world today. As Figure 1-3 illustrate, a Japanese new born baby girl can expect to live up to 86 years old and baby boy to 79 years old. Taking the average between male and female, Japan has the highest longevity, surpassing Iceland.

 この現象の背後には2つの需要な要素がある。その両方に、日本の経済発展成功の結果が反映している。

1つは、日本の出生時平均余命が世界一だからである。図1−3によると、日本人の新生女児の余命は86歳。新生男児は79歳である。男性と女性の平均ではアイスランドに次いで長寿命である。

 

There can be many reasons for Japanese longevity: including climate, diet, health care system, medical technology, working condition, social capital and many more. However, we should not ignore the fact that the rise in Japanese longevity is positively correlated with the rise in Japan’s per capita income.

 日本の長寿の理由は種々考えられる:気候、食糧事情、健康管理システム、医療技術、就労条件、社会資本、その他。しかし、日本の長寿が、一人あたり所得の上昇と積極的な相関していることを見過ごしてはいけない。

 

The other factor that contributes to the longevity is the decline in fertility rate. Japanese women are having fewer and fewer children in their lifetime. The fertility rate for Japanese stands at 1.27, well below the 2.1 level which is necessary for a stable population. Sociologists and demographers are finding that the main causes for the low and declining fertility are changing perceptions of women’s roles in society, women’s willingness to participate actively in business, poor social welfare service provisions, and increasing costs of childrearing. But again, all such changes were brought forth as a result of economic development.

  長寿に貢献しているもうひとつの要素は、出生率の低下である。日本の女性は生涯に有無子どもがますます少なくなっている。日本の出生率は1.27、人口を維持するレベルである2.11を下回っている。社会学者や人口学者は出生率低下の主要な原因を、女性の社会的役割意識の変化、女性の仕事への参加意欲、社会福祉サービスの貧困、子育てコストの増加などに見出している。しかしやはり、全ての変化は経済的発展の結果がもたらしたものだ。

 

 Thus, due to a combination of a decline in young people and an increase in elderly people, the Japanese age structure is changing from the traditional pyramid shape to a lopsided pyramid. The graying of the population is simply a result of this demographic change, which poses an unprecedented challenge for the economy and politics of Japan.

 故に、若年層の減少と高齢者層の上昇との協調によって、日本の年齢構成は伝統的ピラミッド形から、いびつなミラミッドに変化した。人口のグレー化は、この人口動態の変化のシンプルな帰結で、日本の政治経済に先例のないチャレンジをもたらす。