読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Introducing psychology(5)

UnderstandPsychology

Levels of explanation

One of the most important lessons that we have learned from the history of psychology is that just looking one single aspect of experience of behaviour isn’t enough. People do things for lots of different reasons, and usually for several reasons at once. If we try to single out just one of those reasons, as if that were the only explanation, then we hit problems straight away. Saying, ‘Oh, they’re really intelligent’ to explain why someone became a research physicist doesn’t answer the whole question, because it doesn’t tell us why they became interested in science in the first place – or even why they went into an academic career at all, instead of becoming a politician or going into business. Instead, we have to look at what people do from several different angles, to see how all the different factors and influences work together to produce the final outcome.

我々が心理学の歴史から学んできたもっとも重要なことの1つは、見方は1つでは十分ではない、ということである。人は、様々な理由で、また普通は同時に複数の理由でことを行う。もし、これらの理由の中から、それだけであるかのうように、ただ一つを選び出そうとするなら、すぐに、問題にぶつかる。なぜ、科学者になったのか、最初に科学に興味を持ったのはなぜか、あるいはビジネスや政治の世界に行く代わりに学問の世界に進んだ理由はなにか、を語ってくれないので、それを説明するのは「とても知的だ」。かわりに、人が様々な角度から行動することを注視しなければなりません。全ての要素と影響力が伴って、最終的な結果をいかに形成するかを見ることが必要です。

 

This is where we come to the idea of levels of explanation, or levels of analysis. Anything that we do can be studied from several different levels. Imagine, for instance, that you came across someone reading this book. If you wanted to understand what was going on there, you could look at it from a number of different levels. You might ask what is going on in the actual process of reading. How do people look at a set of marks on a printed page and respond to them as if they words that someone has spoken? Understanding that would be part of an explanation of what was going on. But wouldn’t be the whole answer. There would also be the question of why the person was reading this particular book, rather than, say, a book about car mechanics. This would lead us into questions about their own personal experience and why they had developed some interests rather than others.

We might also ask why they were reading in the first place, rather than say, cultivating rice or watching TV. This would include questions about their particular culture as well as questions about personal habits, beliefs and moods.

これは経験のレベル、あるいか分析のレベルという考え方です。我々は、様々なレベルで研究することができます。

例えば、あなたがこの本を読んでいる人に出会ったと考えてください。もしあなたがこのことを理解しようとしているのなら、とてもたくさんのレベルを認めることになるでしょう。実際の読書の家庭で、何が起こっているのかを尋ねるかもしれない。印刷されたページとその言葉が語ることを、人はどのように見るのか。それを理解することは、何が起こっているのかの説明の一部になるでしょう。しかし、それが答えの全てではありません。なぜその人が自動車の本ではなく、この特定の本を読んでいるのか、という疑問もあります。これは、自身の個人的経験についての問い、他人よりも利益を得た理由についてにつながる。米を栽培したり、テレビを見たりすることではなく、最初に読んでいる理由を知ろうとするかもしれない。人の習慣、信念、気分についての問いと同様に、特定の文化についての問いも含まれているだろう。

 

Insight

Understanding what the pieces of a jigsaw puzzle are made of won’t tell you anything at all about what the picture represents. In the same way understanding how brain cells work won’t tel you what someone is thinking.

ジグソーパズルのピースを理解することは絵が表していることの全てを教えてくれはしないだろう。同様に、脳細胞の働き方についてしっていても、人が考えていることを教えてはくれない。