読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Introducing psychology(6)

UnderstandPsychology

In other words, we can look at the same thing using different levels of explanation.  One psychologist studying reading might use a very general level, such as looking at cultural influences on human behaviour. Another might approach it at the level of social influence, by looking at how family or similar groups affect what we do, and also how we conform to social expectations – or don’t, as the case may be. Some psychologists might look at it in terms of personal habits and past experiences, while others would seek to understand how the visual information is processed in the brain. All of these, and many others, are levels of explanation that we can use in our attempt to understand human beings. Psychologists know that no single level of explanation is going to enough in itself, but researchers focus on one single level in their work because trying to deal with everything all at once would simply be too much.

言い換えると、我々は同じものを、経験の異なるレベルを使ってみることができるということである。読書を研究する一人の心理学者は、人間の行動に文化の影響を見出して、非常に一般的なレベルを使うかもしれない。他の学者は、家族あるいは類似のグループが我々のすることに影響を与えることによって、また、社会的期待に適合するか、あるいは適合しないかによって、社会的影響のレベルによるアプローチを取るかもしれない、。心理学者の中には、個人的習慣と過去の経験にそれを見るものもいるかもしれない。が、他の学者は脳内での画像情報の処理のされ方を理解しようとする。これらのすべて、また他にも多くが、我々が人間を理解しようとする企てで使うことができる、経験のレベルである。心理学者は経験のレベルが1つでは十分ではないことをしっている、しかし研究者は、その仕事において1つのレベルに焦点を当てる、なぜなら、一度に全てを処理しようとすると、単純に多すぎるからです。

 

Emergent Properties

創発特性

Understanding everything about one level of explanation couldn’t give us the whole answer, because each level of explanation is more than just the sum of the lower level. Sometimes, for instance, you hear people claiming that once we know about all the different nerve cells in the brain, then we will know all there is to know about how the brain works. But this isn’t true, because there are often entirely new properties which emerge when the different parts are combined into a whole system. And these emergent properties can make all the difference.

1つの説明レベルについての全てを理解しようとしても、全体の答えは見えない。なぜなら、それぞれの説明レベルは下位のレベルの合計以上のものだからだ。例えば、脳の異なった神経細胞について知れば、我々は、脳の働き方についての全てを知る、と主張する人がいる。しかし、これは真実ではない。異なった部分が組み合わせると、全体として新しい特性が出現することが時々ある。そして、これらの創発特性は、全ての違いを生み出すことができる。

 

Perhaps this will be clearer if I take an everyday example. A cake is made up of everyday ingredients: flour, egg, butter, and so on. To understand what a cake is, you would have to know about these. But knowing about them wouldn’t tell you everything about the cake, because a cake has properties which the single ingredients on their own don’t have. At the simplest level, it has a taste and texture which are not present in the single ingredients. At higher levels, it may have cultural or symbolic significance. It might be a birthday or a wedding cake, or symbolize a particular religious festival. None of these can be deduced simply by studying the ingredients.

おそらく、これは、毎日の例を挙げると明確になるでしょう。ケーキは日常的な材料で作られる:小麦粉、卵、バター、等々。ケーキを理解するときには、これらについて知っていなければならない。だが、これらについての知識は、ケーキについての全てを語るわけではない。なぜならケーキは、独自の単一成分にはない性質を持っている。

最もシンプルなレベルでは、1つの材料では表せない、味と口当たりがある。高いレベルでは、文化的あるいは象徴的な意義を持つかもしれない。バースデイケーキや、ウエディングゲー気、あるいは特定の祝祭の象徴であるかもしれない。どれも、材料を研究することによって単純に推測することはできない。

 

It’s same with human beings. We can learn a great deal about people by studying the brain and how it works, but we can’t learn everything. We may be able to trace which nerve cells in the brain are active when we are solving a problem, but this doesn’t tell us how we are working out a solution, or why we are thinking about the problem in the first place. We need to bring together as many levels of explanation as possible, and to study the emergent properties of each new level, to make any sense of the human mind.

人間でも同じです。私達は、脳を研究することによって、また脳がどう働くかを研究することによって、人について多くのことを学ぶことができます。しかし、全てを学ぶことはできません。問題を解くときの、脳細胞の活動をなぞることはできるかもしれない、しかし解決策を見つけ出す方法、あるいは、最初に問題について考えた理由を教えてはくれない。人の心を理解するには、可能な限り、経験の多くのレベルを必要とする。そして、新しいレベルのそれぞれで創発特性を研究することが求められる。

 

Table 1.1 shows some of the main levels of explanation which psychologists use in analysing problems. A professional psychologist, dealing with real people, needs to be a aware of how all of these levels of explanation interact. This is partly why professional training as a psychologist takes so many years. Academic psychologists, though,use a more limited number of levels of explanation at any one time, because they are trying to analyse and understand psychological processes, rather than whole people.

図1.1は心理学者が問題を分析する際に用いる経験のレベルを示す。実際の人を扱う、プロの心理学者は、これらのレベルの説明が、いかに相互作用しているかについて認識していることが必要である。これは、プロの心理学者が長い時間をかけてトレーニングをする理由の1つである。しかし、正式な心理学者は、どんなときも、経験の様々なレベルを使う。なぜなら、彼らは大多数の人よりも、心理学的過程を理解、分析しようとしている。

 

Understanding the individual person, then, is a pretty massive task, and it would be unrealistic to think we know everything there is to know. When it comes to human beings, there aren’t any easy answers. After reading this book, you won’t find that you can understand everyone you’ve ever met. But what you will find, I hope, that you know a great deal more about people than you knew before, and you may also find that it sometimes helps you to understand the people around you a little better.

個人を理解することは、非常に大量の作業である、我々が知るべきことが、全て分かっていと考えるのは現実的ではないでしょう。人間に当てはめると、簡単な答えはない。この本を呼んだ後、あなたは、あなたがあってきた人を理解すことはできないだろう。しかし、私は望む、君が以前に知っていたよりも人について多くのことを知ること、君が回りの人について、少しでもよく理解することの助けになってくれるように。

 

Table 1.1 Levels of explanation

 

Cultural influences 文化的影響

Socio-political influence 社会政治的影響

Subculture and social status サブカルチャーと社会的ステータス

Social cognition 社会的認知

Social groups, family etc. 社会的グループ、家族、その他

Interpersonal interaction 対人行動

Intentions and motives 意図と動機

Cognition and emotion 認知の感情

Habits and learned associations 習慣と学習

Genetics and evolution 遺伝と進化

Physiology 生理学

Cellular biology 分子生物学

Organic chemistry 有機化学

Quantum physics 量子物理学