読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

1. Introducing psychology(8) - 10 Things to Remember

UnderstandPsychology

1 Psychology is about understanding people. People are complicated and there are no simple answer.

1 心理学は人間を理解する学問である。人間は複雑で、単純な回答はない。

 

2 Early psychologists used introspection – analyzing their own thoughts and reactions subjectively.

2 初期の心理学者は内観法 ー 自分自身の思考と反応を主観的に分析した。

 

3 The behaviourists claimed that studying behaviour was the only scientific approach.

3 行動主義者は行動を研究することのみが、科学的アプローチであると主張した。

 

4 Modern psychology includes the study of experience as well as behaviour.

4 現代心理学は行動と同じように経験の研究も含んでいる。

 

5 Psychology can be studied at many levels, ranging from molecular to societal, but most psychologists conduct research on just one level of analysis at a time.

5 心理学は様々なレベルで研究が可能である、分子レベルから社会まで、しかし、ほとんどの心理学者は、いっときにひつとのレベルで研究を進める。

 

6 There are emergent properties at higher levels which cannot be predicated by studying lower ones.

6 より高いレベルでは、低いレベルでの研究によって説明できない創発特性がある。

 

7 Psychology has six major research areas: cognitive and social psychologists explore how the mind and our social influences affect us.

7 心理学には6つの主要な研究分野がある:認知心理学者、社会心理学者は、精神と社会的影響力が我々に与える影響を研究する。

 

8 Individual and physiological psychologists explore abilities and mechanisms of the body.

8 個人心理学者と生理心理学者は、肉体の能力とメカニズムを研究する。

 

9 Developmental and comparative psychology are both concerned with aspects of development: our personal development and our evolutionary history.

9 発達心理学と比較心理学は共に、発達の側面に関係している。個人的な発達と、進化的歴史に。

 

10 Most psychologists work in applied psychology rather than in a ‘pure’ research area.

10 ほとんどの心理学者は「純」心理学よりもむしろ、応用心理学を研究している。