読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

Introducing psychology(7)

UnderstandPsychology

Areas of psychology

Psychology, as we’ve seen, is about people. But people have complex lives, and we need to gather information about them in many different ways. So professional psychologists need to understand the different areas of psychology, and how each of them contributes to our understanding. There six of these, roughly speaking, and each one gives us a different kind of information.

心理学の範囲

今まで見たきたように、心理学は人間についての学である。しかし人の人生は複雑で、様々なやり方で情報を集める必要がある。だから、プロの心理学者は、心理学の異なった範囲を理解する必要があり、それぞれが理解を助けることについて理解する必要がある。大まかに言って6つ、はそれぞれ情報の異なった側面を与えてくれる。

 

Insight

The amount of psychological knowledge which has been accumulated over the past century is so large that modern psychologists have to specialize – nobody could know everything there is to know about psychology because there’s just too much of it.

過去数世紀で積み上げられてきた心理学的知識の量は、大量である。現代心理学者が専門としなければならないのは、心理学についての全てを知ることができない、つまり知ることが多すぎるからなのです。

 

One of the areas of modern psychological knowledge is known as cognitive psychology. This has to do, in essence, with how we think.

現代心理学分野の1つは、認知心理学として知られている。これは、本質的に、我々がどのように思考しているかについて研究する。

 

It includes mental processes such as taking in information and making sense of it (a process we call perception), remembering things, or recognizing them, and also thinking and reasoning.

そこには情報を取得し理解するとか(知覚と呼ぶ過程)、物を覚えること、もしくはそれらを理解すること、また思考と推論、とかいった、心の過程が含まれている。

 

These mental processes are known as cognition, which is how cognitive psychology gets its name.

これらの心理的プロセスは認知として知られている、

Psychologists studying cognition have discovered a great deal about how people’s minds work, and that information is often useful when we are trying to understand why someone is acting in a particular way.

心理学者の認知研究は、人の心の働き方について、多大な貢献をした。そして、その情報はしばしば、人が特定の行動をしていることの理由を理解しようとするときに使われる。

 

Another important branch of modern psychology is concerned with other people – how they influence us, and how we influence them in turn.

現代心理学におけるもうひとつの重要な分野は、他者との関係性である。いかに他者から影響を受けるか、いかに影響を与えるか。

This is known as social psychology.

これは社会心理学として知られる。

It ranges from looking at our body language to understanding cultural norms and expectations, or why people obey those in authority, or when someone will or won’t help a person in need.

ボディランゲージを見て文化的規範と経験を理解するために、あるいは、人が権威に従う理由、あるいは人が助けを必要としている人を助けるかどうか、などが含まれる。

Social psychologists are also interested in how we make sense of our social experience.

社会倫理学者はまた、我々が社会的経験をどう捉えるかについても興味をもつ。

That part of social psychology is about the mental side of social life, so it is known as social cognition.

社会心理学のパートは社会的生活の心理的側面である、それは社会的認知として知られている。

 

Some psychologists focus on what makes people different from one another.

心理学者の中には、人が他者と異なることに焦点を当てているものもいる。

Some people seem to be more intelligent than others; some people are highly creative while other people are not, and each of us has our own special personality.

ある人は、他の人よりも賢く見える、ある人は他の人より創造的である、それぞれが独特の個性を持っている。

We also differ in motivation: some of us are keen to get ahead in life, while others are concerned mainly with establishing a happy home and family.

我々は違った動機をもつ。上昇志向の者がいる一方、おもに幸せな家庭と家族を気づくことに関心がある者もいる。

Individual psychology is concerned with what motivates people, as well as with how people are different form one another.

個人心理学は、人が他者とどう違うかと同様に、何が人を動機づけるかについて関係する。

 

All this makes it seem as though understanding people is really just about looking at what they do, or how they process information.

これはすべて、人を理解している人は、彼らが実際に何をしているか、情報をどのように処理しているか、を見ているように見えます。

And that is a large part of it.

そして、これは大きな分野の1つです。

But, sometimes, what we do or how we think is also influenced by our physical state.

しかし、ときに、我々がすること、あるいは考えることは、身体的状況に影響される。

If we are tried or stressed, for instance, we often don’t make decisions very well, or we can become irritable with the people around us.

例えば、なにかを試そうと、あるいは障害にあったとき、我々はしばしばうまく決断できない、あるいは回りの人に敏感になってしまう。

So an important part of psychology is concerned with understanding how our physiological state influences us, and this is known as physiological psychology or sometimes, bio-psychology.

心理学の重要なパートに、我々に影響する生理学的な状況について理解することに関連しているものがある、これは生理学的心理学、あるいは生理心理学として知られている。

Physiological psychologists look at areas like effects of brain damage, how drugs work, sleep and dreaming, or understanding stress.

生理学的心理学者は、脳の損傷の景況、薬物の働き、睡眠と夢、もしくはストレスの理解などを観察する。

 

Each year that passes adds its store of experience and knowledge, but how do we use that experience?

経験と知識は多年のうちに蓄積される、しかしその経験をどう使うか?

And do we inevitably decline as we get older?

そして、我々は加齢によって必然的に衰えるのか?

Development psychology is concerned with understanding how changes in childhood, adolescence, adulthood, and old age affect us, and what those changes actually involve.

発達心理学は、幼年期、青年期、成人期、そして老年期でどう変わっていくか、何が変化に実際に関わっているかについて理解する。

Interestingly, the picture which emerges when we really begin studying the processes of maturity and ageing is much more optimistic than society often assumes – but we will look into that in more detail in ChapterⅡ.

興味深いことに、我々が加齢と成熟の過程を研究することを始めた時に判明した像は、しばしば想定する社会よりも肯定的なものであった。ー 詳細はⅡ章に詳しい。

 

Comparative psychology, as its name suggests, is all about making comparisons.

比較心理学は、その名が示唆するように、比較することである。

But what are we comparing ourselves with?

しかし、私達と何を比較するのか。

As we know from evolutionary biology, human beings are kind of animal – even if rather a special one.

我々は進化生物学からわかるように、人間は、特別であるというよりもむしろ、動物である。

So that leads us to some very interesting questions about how close we are to other animals, and whether we have anything in common with us.

我々が他の動物とどのくらい近いのか、についてとても興味深い問いを生む。そして、我々とどのくらい共通点をもつのか。

Comparative psychologists are interested in animal behaviour in its own right, but they are also interested in studying how animals interact with one another because this might give us some clues to understanding human beings.

比較心理学者は動物の行動それ自体に興味をもっている、しかし、動物が他者とどのように関係するかについてンボ研究にも関心をもつ。なぜなら、人間を理解する上で、さまざまな手がかりを与えてくれるからである。

 

We can see, then, that psychology is really quite a broad topic.

ここに、心理学はまったく膨大な話題におよびことがわかる。

It covers a great many levels of explanation, ranging from research at the molecular levels as physiological psychologists investigate how drugs work in the brain, to research into the shared beliefs of whole cultures, as social psychologists investigate social representations.

膨大な経験のレベルをカバーする。脳内の薬物の作用の研究をする生理学的心理学者、社会的表現を研究yする社会心理学者のように、文化的に共通な信念に対する研究など、広大な範囲である。

And it tries to bring together the insights obtained from these levels, and from the different areas of psychological research, to make sense of what people do and how they understand their worlds.

そしてこれらのレベルから得られた洞察と、さまざまな心理学の研究分野から、得た洞察を集めて、世界を理解するために人が何をするかを理解しようとする。