読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

2. Self and others(1)

UnderstandPsychology

In this chapter you will learning

* why sociability in human babies is so important

* how other people can change the way we feel abut ourselves

* to identify three different cultural approaches to understanding ourselves.

この章で学ぶべきこと

* 赤ん坊にとって社会性が重要なのはなぜか

* 他者が自分自身の気持ちを変えることができるのか

* 自分自身を理解するための3つの文化的アプローチを特定すること。

 

This chapter is about who we are and how we come to be that way. Each of us has different life experiences and we were each born with particular temperament and physique, which have shaped those experiences. These things all help to make us different from one another. Even newborn babies differ in their likes and dislikes. So we are all different from the start. But we also live in society, and as part of that, we learn how to act with other people, and how to recognize experiences that we have in common. We inherit a powerful tendency to be sociable and to learn from other people who matter to us. And that, just as much as our physical characteristics or temperament, is crucially important in who we are.

 この章は、誰になるか、そして、いかにしてそのようになるかについて述べる。私達一人ひとりは、異なった人生経験を持ち、個別の気質と体格がその体験によって形成される。これらのことはすべて、他者とは違うものにすることに役立ちます。新生児でさえ、好きなものと嫌いなものが違う。つまり、我々は最初からみんな異なっている。しかし、我々は社会に生きている。そして、その一部として、我々は他者と共にいかに行動するかを学ぶ。そして我々は共通の経験からいかに理解するかを学ぶ。我々は社会的である、私達にとって重要な他の人々から学ぶという、強力な傾向があります。そしてこのことは、肉体的特徴、もしくは気質と同じぐらいに、我々が何であるかについて決定的に重要なのです。

 

The first relationships 最初の関係性

All over the world, babies are brought up in different ways. The experience of an Inuit child, living in a traditional community in the Arctic regions of northern Canada, are widely different from the everyday experiences of an infant growing up in Papua New Guinea; and both of these are different from the experiences of a child growing up in modern Britain. It some communities babies kept tightly wrapped up (swaddled), in others they wear few any clothes; in some communities they are carried around continuously, while in others they spend most of their day in cots or bed. And in some communities they spend all their time with their mothers, when in others they are looked after by relatives, friends, or even older children. Yet despite all these different conditions all over the world, babies grow and, if they survive, generally developed into mature, balanced adults. Human babies can adapt to tremendous range of different environments and conditions. These differences in how they are looked after don’t really matter, as long as baby gets what it really needs for healthy development. And what it needs most of all is other people.

世界中で、赤ん坊は様々なやりかたで育てられている。カナダ極地方に住む伝統的なイヌイットの社会と、パプアニューギニアの子育てとは大きく違っている。そして共に現代意義するの子育て大きく違っいる。ある社会では、赤ん坊はきつく縛られる(鞍に)、他の社会では、ほとんど服を着ない、またある社会では、ゆりかごやベッドにいる時以外は、ずっと運ばれている。そしてある社会では、他所では親戚や、友人、あるいは年長の子どもに世話をされる場合に、ずっと母親と一緒にすごす。まだ、世界中にはさまざまな状況がある、赤ん坊は育ち、生き残り、成熟していく。人間の赤ん坊は非常に多様な環境、状況に適応することができる。これらの、どのように育てるかは、赤ん坊が健康に育つために本当に必要なことを見につける限り、本当の問題ではない。なによりも必要としているのは、他の人たちである。

Insight

Humans are the most widely adaptable creatures on Earth, but we adapt by modifying our environments rather than our bodies, and passing on that knowledge to the next generation. So being able to learn from others is our most important survival skill.

 人類は地球上でもっとも適応力の高い存在である。しかし、肉体よりもむしろ環境に影響を受け、次世代に知識を引き継ぐ。つまり、他者から学ぶことのできる能力が、我々のもっとも重要な生存能力なのだ。