読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

2. Self and others(3)

UnderstandPsychology

Babies also have a very good way of summoning help when they need it. Since the human infant can’t run for help itself, it needs to have a way of summoning help from its caretaker quickly. And it has. A baby’s crying can carry for a very long distance, and people quickly learn to recognize the sound of their own baby’s crying as opposed to that of any other infant.

赤ん坊は、必要なときに助けを呼ぶためのとても良い方法を持っている。人間の幼児は、助けを求めて走ることができない、すぐに介護者を呼ぶ方法が必要である。そして、赤ん坊はそれを持っている。赤ん坊の泣き声は遠くまで届く、そして人は、他の幼児とは対称的な自分の赤ん坊の声を理解することを速やかに学ぶ。

 

Some psychologists believe, too, that there are special harmonics in a baby’s cry which activate the autonomic nervous system, so that adults find it particularly disturbing. This means that they are particularly likely to hurry to the baby and try to calm it down. It might also account for the intense degree of frustration of the part of parents who are living with as continuously crying child, and who may sometimes become so frustrated and upset that they injure the child. We don’t know whether this is really the case. We do know that people find baby cries extremely disturbing – that isn’t under question – but it is possible that very disturb us because they are associated with pain and distress, and not because of the harmonic qualities of the sound.

何人かの心理学者は、赤ん坊の泣き声に、自律神経を活性させる特別な和音があると考えている。であるから、大人は、特に気に触ってしまう。これは、急いで赤ん坊の所にいき、落ち着かせようとすることを、とてもやりたいがることを意味する。これはまた、泣き続ける子どもと暮らしている両親のイライラの程度を説明するかもしれない、そして、イライラと動揺して、子どもを傷つけてしまうかもしれません。このようなケースが本当かどうかはわからない。我々は、人々が、赤ん坊が特に不機嫌なときに泣くことに気づいていることーこれは問題ではないーしかし、それが我々をとても不快にする、それは泣くことが痛みや不快感に関連してるからで、その音そのものの質ではない。

 

It either case, though, the fact is that very few people can really ignore a crying baby. It is a very good way for the infant to communicate to other people that it needs help. Moreover, infants can communicate more than one message through crying. Back in th 1960, Wolff recorded baby cries and analysed them using a sound spectrograph, showing that there were at least three different type of cry, with three different patterns of sound: one for pain, one for hunger, and one for anger. And the mothers were perfectly able to recognize the message in their own baby’s cry.

しかし、いずれの場合にも、事実、ごく少数の人だけが、本当に泣いている赤ちゃんを無視できる。泣くことは幼児にとって、助けを必要とするとき他の人とコミュニケーションを採るためのとてもいい方法である。されに、幼児は泣くことによって、1つのメッセージよりうまく交流ができる。1960年代、ウォルフは赤ん坊の泣き声を記録、分析し、泣き声に、少なくとも3つの異なるタイプがあることを発見した。1つは痛み、1つは空腹、そして1つは怒りである。

そして、母親は完璧に、自分の子どもの泣き声に込められた意味を理解することができた。

 

Insight

Crying is a powerful survival mechanism, because it lets a helpless infant summon help from a long distance a way. Since the infant can’t defend itself, only other people will be able to help if it is pain or frightened.

泣き声は強力な生存能力である。無力な幼児に遠くから助けを呼ぶことができる。幼児は防御ができない、痛みや恐怖を感じた時、ただ他人だけが助けることができる。