読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

PKO撤収  治安悪化認めない欺瞞

京都新聞社説縮約

京都新聞 社説 - PKO撤収

元記事:964字 縮約:321字

 政府が、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊施設部隊を、5月末を目途に撤収させる方針を決めた。
 南スーダンでは治安悪化が懸念されているが、政府は治安悪化を理由に認めていない。
 こうした中、今年2月に部隊の日報が見つかり、「戦闘」が起きていると記していることが判明した。
 それでも、稲田朋美防衛相は「憲法9条の問題になるので武力衝突という言葉を使っている」と実態をねじ曲げるような発言までしている。
 背景には、「不測の事態」が起きれば政権へのダメージになるとの危機感が透ける。
 南スーダンPKO派遣は、「駆け付け警護」などの新任務が付与されてきた。今後、どのような国際貢献をすべきか、今回の派遣について徹底的に検証する必要がある。