読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強ノート あるいは、未来の自分へ向けた経過報告

お勉強のためのメモです。主なコンテンツは京都新聞の社説と心理学関係書籍の縮約、英文教科書の和訳です。目指しているのは「チャーリー・ゴードンの『経過報告』」。

2. Self and others(5)

Parent – Infant Interaction 親ー子 相互作用

As it grows older, the baby’s tendency towards sociability becomes even more apparent. Babies delight in even the simplest repetitive games with another person. As any parent knows, they will play games like ‘peek-a-boo’, or ‘throw-your-teddy-out-of-the-cot-and-see-daddy-pick-it-up’ for as long as the adult is prepared to carry on playing, even though they really show so much persistence with the games that they play on their own, such as with rattles or toys.

成長に伴って、赤ん坊の社会異性の傾向はより明確になる。赤ん坊は他の人とする単純な繰り返し遊びが大好きである。親たちは知っているように、赤ん坊は「いないいないばあ」のような遊びが大好きである。大人に遊びを続ける用意ができている限り、おもちゃや、ガラガラといったもので、いつまでも遊び続けるように見える。

 

Parents and other adults almost automatically seem to adapt themselves to these baby games. Psychologists have conducted many observations of parent-child interaction, and found that most of the things which parents and infants do when they are playing together help the baby to learn skills it will need in childhood and later life. But for many people, this is entirely unconscious: we do it automatically, without thinking.

親、そして他の大人も、ほとんど自動的にこの赤ん坊の遊びに合わせているように見える。心理学者たちは親子関係についての多くの観察をしてきた、そして親と子が一緒に遊ぶことで、子供時代、および成長後に必要な能力を学ぶことの助けとなることが非常に多いことを見出した。しかし多くの人にとって、これはまったく無意識である。我々は考えることなしに、自動的に行っている。

 

One thing which people do when they are playing with a baby, for instance, is that the make faces. Carefully analysed videotape of these games show that the babies make face too. Parent and infant imitate one another, and this exchange can go on for some time. It is games like these which set the foundation for later social experience. Infants learn how to take turns and how to wait for the other person to respond before doing their action – which is like the turn-taking that occur in convention, and which even involves the same kind of timing. Moreover, they learn it very quickly: we are strongly predisposed to learn that kind of thing.

例えば、人が赤ん坊と遊んでいる時にすることの1つは、顔を作ることです。これらの遊びを撮ったビデオテープを注意深く観察すると赤ん坊も顔を作っています。親と子は互いに真似をしている、そしてこの交換はしばらく続くことがある。これらは、将来の社会的経験を受け入れる基盤となる。幼児は交代のしかた、行動を起こす前に、試合での場面転換のように、同じタイミングになるように、他の人の反応を待つことを学ぶ。さらに、彼らはそれをとても素早く学ぶ。私達は、そのようなことを学ぶ素因がとても強いのである。

 

Infants are also strongly predisposed to learn to communicate. They want to do it, and try to do it very hard. Again, we help them automatically. Psychological studies of baby-talk have shown that the special way that human beings talk to babies, which is so often ridiculed by comedians, actually helps the baby to notice speech. The softened tones and higher notes that we use are particularly easy for the baby ti hear, and the repetition of vowel sounds (‘baa-baa’) draws attention to the part of the language which the child learn to produce first.

幼児はまた、交流を学ぼうとする素因も強くある。彼らはそれを望み、熱心に試みる。これについても、我々は自動的に彼らを補助する。心理学者たち赤ん坊の会話研究は、人間が赤ん坊に語ることの特殊性を見せてくれる、それは実際に注意深く語りかけても、しばしば馬鹿げたコメディアンのように見える。赤ん坊i聞き取りやすいように、特に、柔らかい調子と高い音を使い、子どもが最初に作り出す言葉の部分に注意を惹くように、母音を繰り返す。

 

What all this add up to is that other people are the most important thing in a child’s world. A human baby may be physically helpless, but it is not at all helpless in terms of its social abilities. It is already equipped with some social skills, and learns new ones even faster than it learns physical co-ordination. People are the most important thing in an adult’s world too – at least for all of us except a few very exceptional individuals. And what infant sociability does is to form the foundation for the personal attachments and relationships which we all need in later life.

これはすべて、他の人たちが子どもの世界で最も需要であることを示している。人間の赤ん坊は肉体的にはまったく無力かもしれない、そいかしその社会的能力については無力ではない。赤ん坊はすでにいくつかの社会的能力を身につけつけている。そして肉体的調整を学ぶよりも、ずっと新しい人について学ぶ。他人は大人の世界においても最も重要なことである。非常に例外的な人を除いた、全ての人にとって。そして、幼児の社会性がなすことは、後の人生において必要な個人的愛着や関係性の基礎を形作る。